会社倒産費用はどのくらい掛かる?

MENU

会社倒産の依頼費用はどのくらい掛かる?

会社の経営が破綻状態とし倒産が免れないとしている場合に、経営者においては会社倒産費用がどのくらいかかるものなのか気になるところでもあります。会社の立て直しを検討したもの、破産しか道がないとしたなら致し方のないことでもあります。そこでトラブルを生じることなくキレイに整理したいとしているのは、たいていの方はそう望んでいるのではないでしょうか。

 

ここでは法人の倒産に必要な費用を検証しまとめてみましたので、今後の参考としてご覧くださいね!

 

法人破産に必要な費用とは?

 

  1. 裁判所への予納金
  2.  

    裁判所に破産の申し立てと一緒に予納金を納めなければならず、手続き終了までに必要となる費用としています。負債総額ににより金額は異なり東京地方裁判所における管財事件では、最低金額として個人では50万、法人では70万として負債5,000万未満としています。

     

    そして少額管財事件の場合では個人・法人ともに負債額に関らず一律20万円となり、法人の破産、経営者が個人の破産を同時に申し立てた場合も20万円としています。個人の自己破産でもそうですが、法人の破産においても管財事件と少額管財事件では予納金の金額は大きく変わります。

     

    管財事件とは会社に財産が残っている場合の破産申立てとして、裁判所により破産管財人が選任され財産調査や換価、債権者へ分配など行います。手続きが完了するまでには1年程はかかるとし、予納金も高額となります。

     

    少額管財事件とは会社に換価する財産がほとんど残っていない場合とし、破産の開始決定と同時に手続きを終結させることができます。主に中小企業においては少額管財となることが多く、短期間で少ない金額とした予納金で済みます。

     

  3. 専門家依頼の際の報酬
  4.  

    本人による破産申立ても行うことはできますが、法人となると手続きも複雑でそれなりの知識、かなりの労力が必要となります。また少額管財事件では弁護士を申立代理人としなければなりませんので、専門家への依頼は問題なく破産手続きが終結するためには必要となります。

     

    そこで司法書士、弁護士へ依頼した際には費用も異なり、また事務所によっては会社倒産の費用は安いところから高いとしているところなど様々としています。ですので一概いくらとは言えず、会社の負債額によっても着手金は変わってきます。そのためいくつかの法律事務所に相談し、見積もりを出してもらい破産費用の比較も重要とします。

     

    もちろん個人よりも法人の方が費用は高くなりますが、専門家に依頼することにより多くのメリットがあり支払うだけの対価はあるようです。

 

会社の倒産と同時に個人においても債務整理を行わなければならい場合には、法人破産費用にかかる以外にもお金がかかることが考えられます。任意整理による弁護士報酬や個人再生、自己破産などでは、裁判所への予納金なども必要となります。